大阪大学の家庭教師アルバイト事情

osakadaigaku

大学別家庭教師のアルバイト特集。今回は「大阪大学」編です。

阪大生の家庭教師アルバイト事情(時給・評判・口コミなど)や、阪大生におすすめの家庭教師のアルバイトの求人情報などを掲載しています。

大阪大学の大学生・大学院生の家庭教師バイト事情

大阪大学の大学生・大学院生が家庭教師のアルバイトを始める場合、以下のような方法があります。

  1. 個人契約掲示板で探す
  2. 派遣会社に登録して生徒を紹介してもらう
  3. 大学生協に斡旋してもらう
  4. 卒業する先輩から生徒を引き継がせてもらう

一番オススメなのは、4番の「卒業する先輩から生徒を引き継がせてもらう」です。高時給で生徒を指導しているサークルやゼミの先輩に頼んで生徒を引き継がせてもらう方法です。生徒さんが受験生でない場合は家庭教師の続行を望んでいる場合が多いので、生徒さん側にとってもメリットがあります。

もっとも、この方法がとれる人は限られますので、実際に生徒を探す方法は1~3になります。以下で、それぞれについて解説します。

個人契約の家庭教師を探す(阪大生)

稀に10以上の個人契約サイトに「登録しまくる」大学生がいますが、大小合わせて30以上ある個人契約サイトのうち、一定以上のアクセスがあるサイトは3つ程度しかありません。

家庭教師個人契約サイトの比較・人気ランキングのページにて、個人契約サイトの閲覧数ランキングを掲載していますので、参考にして下さい。

尚、各個人契約サイトの中には、「生徒を募集するコーナー」「教師を募集するコーナー」があります。「生徒を募集するコーナー」に掲載するだけでなく、「教師を募集するコーナー」をチェックして希望の案件があったら、積極的に応募するのが、早く生徒を見つけるポイントです。

阪大生の個人契約の時給相場は

個人契約サイトを見ると、沢山の阪大生が生徒を募集しているのが分かります。大阪大学の大学生・大学院生が個人契約で家庭教師をする場合の時給相場はいくらくらいなのでしょうか?

利用者数が最も多い個人契約サイト「家庭教師の総合情報」の「生徒募集掲示板」に掲載している阪大生のデータを分析した結果、以下となりました。

全学部の平均時給:2257円
医学部生の平均時給:2804円
医学部以外の平均時給:2126円

大阪大学全学部の家庭教師の平均時給は、2257円でした。医学部生に限定すると2804円、医学部生以外ですと2126円でした。

「生徒を募集するコーナー」の時給相場ですので、先生側の希望時給になります。逆の掲示板(教師募集掲示板)の時給相場とは500円ほど乖離していますので、成約時給は上記より300円~500円程度低いことが予想されます。

結論:阪大生の家庭教師の個人契約の時給相場は1750円~1950円。

派遣会社に登録して仕事を紹介してもらう(阪大生)

希望の条件を提示して生徒を募集できる個人契約サイトは非常に便利ですが、競争が激しすぎて「依頼がくる可能性が低い」「依頼がくるのに時間がかかる」という欠点があります。

阪大生だけでも大手個人契約サイトには数百名が登録していますのでかなりの激戦となります。

早く・確実に生徒を受け持ちたい場合は、派遣会社に登録するのがオススメです。

ただし、大阪の家庭教師派遣会社の中には「高額教材販売」などの悪徳商法を行っているブラック会社が非常に多いので、以下を参考にして良い家庭教師会社を探して下さい。

ブラックな家庭教師バイトに要注意|おすすめできない登録先の見分け方
今回は「おすすめできない家庭教師バイトの登録先」「登録しない方がよい家庭教師のバイト先」についてです。 教育系ブラックバイト報道の...

尚、一社だけに登録しても依頼が来ない・遅いケースがありますので、複数社一括登録ができる一括登録サイトの利用がオススメです。

大阪府の家庭教師バイトの平均時給は1460円ですが、阪大生の場合は各家庭教師センターとも時給を高めに設定しているケースが多いので、阪大生の実際の時給相場は1650円~1750円程度です。医学部生や指導経験者の場合は更に高い時給となる場合も少なくありません。

大阪大学生協による家庭教師斡旋

多くの大学では、学生課などで家庭教師の斡旋を行っています。大阪大学の場合は、大学当局ではなく、生協が斡旋をしています。非常に狭き門ですが、関心がある方はチャレンジしてみてください。

応募の流れ

1.WEBなどで阪大生を雇いたいご家庭が求人票登録する

2.審査で掲載が決まったらご家庭が阪大生協に手数料を支払う

3.大阪大学生協家庭教師求人サイトに掲載される

4.生協のサイトを見て、案件を探す

5.気になる案件があれば生協のカウンターで詳細・電話番号を見せてもらう

6.大学生が直接ご家庭に電話して応募する

バイトの時給

時給は内容などに関係なく大学生協が設定した時給となります。

・週1回×2時間の場合の時給
小4~中2:2625円
中3~高2:3000円
高3・浪人生:3375円
・週2回×2時間の場合の時給
小4~中2:2125円
中3~高2:2375円
高3・浪人生:2625円
・週3回×2時間の場合の時給
小4~中2:1958円
中3~高2:2167円
高3・浪人生:2375円

週の回数が増えると時給がどんどん安くなるユニークな仕組みとなっています。計算上は、「週3回×2時間」の生徒を持つより「週1回×2時間」の生徒を3人もった方がかなりバイト代を稼げることになります。もっとも、1件契約するのも困難ですので3件だと相当な根気が必要ですが。

ポイント・注意点

大学生協は5千円程度の手数料をご家庭から取っていますが、あくまで「掲載料」であって、「斡旋料」ではありません。ご家庭・大学生の連絡・交渉・契約は全て各自の自己責任での利用となります。

又、求人数に対して応募者が多いので、応募しても採用にいたらない場合が多いようです。個人契約サイトや派遣会社への一括登録などと併用して利用する事をおすすめします。

阪大生協の家庭教師紹介の詳細

詳細は以下の大阪大学生協の家庭教師のページをご覧ください。

http://www.osaka-univ.coop/service/21.html

  • このエントリーをはてなブックマークに追加